事業者向け
  • 事業者情報
  • 求人情報

サラヤ株式会社大阪工場

事業所名サラヤ株式会社大阪工場
業種分類 化学工業 
業種内容家庭用及び業務用洗剤等の衛生用品・自然甘味料の開発・製造
住所〒582-0028 大阪府柏原市玉手町24-12
アクセス近鉄南大阪線 道明寺駅・近鉄大阪線 河内国分駅から徒歩15分   イズミヤデイリーカナート玉手店横
駐車場なし
電話番号072-977-1212
FAX072-977-8878
創業日昭和43年2月
代表者氏名山田幸雄
業務時間8:30~17:30
休業日土・日・祝日・年末年始ほか
主な支店・支社・営業所本社・伊賀工場・各全国営業所・海外拠点
従業員数約270名
平均年齢39歳
経営理念世界の「衛生・環境・健康」に貢献
認定・資格・免許・表彰ISO14001、ISO9001
自慢の製品・技術・商品・サービスヤシノミ洗剤、アラウベビー洗剤、ラカントSなど
CSR活動ボルネオ環境保全活動、病院で手の消毒100%プロジェクト
URL
(外部サイトに移動します)
http://www.saraya.com/
Facebook
(外部サイトに移動します)
https://www.facebook.com/sarayacom/
新たに取組みたいこと女性の雇用推進(パート・アルバイトなど)
地域との連携 地域清掃への参加、工場見学の実施
エコ推進活動 エコキャップ回収、割り箸リサイクル、巻き芯回収

※かしわらWEB版就職フェア(2016/9/1~10/31)は
終了いたしました。
サラヤ株式会社大阪工場
  • 産業構造の変化や時代のニーズに対応した商品を作り続けて64年
  • 世界の衛生・環境・健康に貢献する商品開発をしています
  • 大阪工場は最も古い生産拠点で国内外の工場の原点となるマザー工場
  • 仕事と子育ての両立を支援、女性が活躍する職場です

募集要項

  • 募集人員 家庭用洗剤等のライン作業10名
  •  
  • 職務内容 家庭用洗剤・石鹸液の容器への充填、箱詰め、目視検査など
  •  
  • 雇用形態 パート(試用期間なし)
  •  
  • 雇用期間 4か月以上(原則更新)
  •  
  • 応募要件
    1. 59歳以下・高卒以上
    2. 資格・経験不問
  •  
  • 希望人材 コツコツ、真面目に働いてもらえる方
  •  
  • 勤務地 柏原市玉手町24-12
  •  
  • 就業時間
    1. 9:00~17:00(週5日・休憩60分)
    2. 9:00~15:45(週4~5日・休憩60分)
    3. 13:00~22:00(週5日・休憩60分)
  •  
  • 休日等 週休二日制・土日祝他(会社カレンダーによる、お盆休み、年末年始)、6か月後の年次有給休暇10日、年間休暇日数126日
  •  
  • 賃金 時給858~954円、通勤手当実費(上限なし・マイカー通勤不可)、昇給あり(前年度実績:5~15円)・賞与(寸志)年2回あり
  •  
  • 福利厚生 雇用保険、労災保険
  • その他
    1. バイク、自転車通勤可(直線距離2km以上で手当あり)
    2. エコウォーク手当(電車通勤で工場最寄駅から徒歩通勤の方に支給)あり※会社規定による
    3. 社員販売制度あり
    4. お子様の学校行事等でのお休み配慮します

職場風景


事務所から作業場への通路 皆さんきちんと歩道を歩きます
ライン作業風景 息ピッタリの流れ作業でした
梱包できた商品 1日に300ケース作ることもあるそう・・!!

わが社の社訓

基本理念:世界の「衛生・環境・健康」の向上に貢献する
創業当初は感染症予防の石けん液・容器、大気汚染が問題になった頃にはうがい器、合成洗剤による河川汚染が社会問題になればヤシノミ洗剤と、常に時代を先取りした商品開発に挑戦してきたサラヤ。
その視点は今や世界を照準に、アフリカ(「100万人の手洗いプロジェクト」・「病院での手の消毒100%プロジェクト」)やカンボジア(「ハッピー手洗いプロジェクト」)でのプロジェクトに及んでいます。
2004年からはヤシノミ洗剤に使われているパーム油の生産地であるマレーシア・ボルネオ島に対象商品の売上1%を寄付し、「ボルネオの環境保全プロジェクト」を推進するなど、まさに世界の「衛生・環境・健康」の向上に貢献しています。
週初めと週末には朝礼で社員手帳に載る基本理念など(写真右)を音読し、その理念を皆で共有して日々の仕事に取り組んでいます。

サラヤの社員手帳

我が社のエース商品

サラヤがつくる商品アイテム数は家庭用・業務用・医療用を合わせるとその数3,000種類以上。看板商品はヤシノミ洗剤、ラカント。
ヤシノミ洗剤は石油系合成洗剤が一般に広まり、河川の汚染が社会問題になった1970年代に発売し、汚染の一因である界面活性剤の使用を限界まで抑え、環境への負荷が少ないヤシ油を使用した植物系食器用洗剤です。ステンドグラスを織り交ぜたボトルデザインは創業者自ら考案したという想いの詰まった商品です。
ラカントは古くから漢方として親しまれるウリ科植物「羅漢果」のエキスを抽出した天然甘味料です。エキスの抽出技術は特許技術となっており、どこよりも早く羅漢果に注目し、砂糖と同じ甘さでノンカロリーを実現させたのがサラヤでした。

ヤシノミ洗剤
ラカントS(顆粒タイプ)
会社内で撮影したサラヤ商品たち
求職者の皆さんの気になる情報を、社員さんから訊きだすコーナー!
今回の突撃インタビューに快く応じてくださった社員さんはこちら!
  • 名前:岡本さん(写真手前/勤続15年以上)
  • 担当:生産2課(パートリーダー)
  • 自慢:健康が自慢です!
    (サラヤにいるから元気!!)

1日のタイムスケジュール

岡本さんの場合(状況によって変動あり)

それではさっそく聞いてみましょう!!!
Q1.入社に至った経緯についてお聞かせください。
A1.パート求人専門の紹介機関から紹介してもらったのがきっかけです。自宅から近いし、ヤシノミ洗剤は以前から家庭で使用しており知っていたので、会社名にも親しみがありました。
Q2.お仕事内容について教えてください。
A2.流れ作業でボトルへの液充填、ポンプやキャップの取付け、包装を行います。また、検品のラインでは傷やごみが付いていないかや液量、ロットナンバーの確認をし、そのまま箱詰めを行います。職場の仲間でフォローし合いながら、徐々に作業スピードが速まってくるのも楽しみの1つです。
Q3.お仕事のやりがいはどういったところでしょうか。
A3.1日の目標数に達したときはやっぱり達成感がありますね。ピングーボトル(ウォシュボン・ハーバル薬用ハンドソープ)だと6名程度のラインで、1日6,000個を仕上げるのが目標です。いかに綺麗にできるかも大事なので、日々いかに速く、なおかつ丁寧にできるかを考えて働いています。
Q4.入社当初を思い出して、その当時苦労されたことを教えてください。
A4.初めのうちはすごく緊張したのを覚えています。ライン作業は自分のところでミスをすると、それ以降の作業も止まってしまうのでプレッシャーはありますね。充填作業やキャップの締めなど、意外と流れの中で行うのは難しいので昔はよく私も失敗していました。検品も見落としてしまったり・・。今でこそミスは減りましたが、ミスをしてしまう気持ちはわかるしフォロー体制はしっかりとしてますのでご安心ください!
Q5.最後に、どんな人材に入社していただきたいですか?
A5.コツコツ、集中して働ける方がいいですね。お子さんがいる方は子育て支援が充実しているので休むことは可能ですが、小さいお子さんだと熱が出たりでチラホラ休まないといけず、入るラインは日によって違うので最初のうちは仕事を覚えるのに苦労されると思います。ともあれ、とっても明るい会社なので子育て中の方も、終わられた方も仲良くやっていけると思うのでぜひ!!
パートリーダーというラインの中心人物にお話を伺いました。
健康が自慢ということもあり、本当にハツラツと質問にお答えいただきました。
岡本さん、ありがとうございました!
取材後記(ヒアリング担当:産業振興課 舩冨)
取材のはじめに担当者である膳さんから、サラヤの歴史から社会貢献事業の数々を教えていただきました。その怒涛の説明に一瞬呆気に取られましたが、目が生き生きとしており、本当に誇りに思っているんだなと感じました。
大阪工場は日本国内、そして世界各国にある工場のマザー工場として存在し、ここでつくる中で得たノウハウが、他の近代的な工場でも生かされているそうです。
そんな大阪工場も量産の役目を終え、今は限られたスペースのなかで少量多品種(OEMなど)の生産を中心に、パートの人たちの手作業を活かして生産しているとのこと。培われてきたことや企業理念を意識すると、身が引き締まる思いになりました。
仕事と子育ての両立という渦中の社会問題にも力を入れており、社内で出産を理由に退職される方はほとんどいないそうなので、企業理念などに共感していただける方にはぜひチャレンジしていただきたいです!