事業者向け/消費者向け
  • 事業者情報
  • 求人情報

岡村製油株式会社

綿の実の力を信じて120年
工場直売会年4回実施
事業所名岡村製油株式会社
業種分類 食料品製造業 
業種内容食用油脂製造販売
住所〒582-0004 大阪府柏原市河原町4-5
アクセス近鉄大阪線 法善寺駅から徒歩8分/JR大和路線 柏原駅から徒歩10分 事務所入口前の長瀬川沿いに大小の水車あり
駐車場無料5台あり
電話番号072-971-3181
FAX072-971-7310
E-mailmatsui@okamura-seiyu.co.jp
創業日1892年3月15日
代表者氏名代表取締役 岡村博光
業務時間9:00~17:30
休業日土日祝・ゴールデンウィーク・8月盆休み・年末年始
主な支店・支社・営業所東京支店(東京都中央区日本橋1-7-11)、和歌山工場(橋本市紀ノ光台3-1-13)
主な取引先はごろもフーズ、全農
資本金1億5,000万円
年商55億円
従業員数100名
平均年齢38歳
経営理念社是 『信用 人の和 進歩』
認定・資格・免許・表彰JAS認定工場、ISO9001及びISO14001
自慢の製品・技術・商品・サービス日本で唯一の綿実搾油工場
CSR活動柏原コットンファームプロジェクトに参加
URL
(外部サイトに移動します)
http://www.okamura-seiyu.co.jp/index.html
Facebook
(外部サイトに移動します)
https://www.facebook.com/岡村製油株式会社-489271637752209/
新たに取組みたいこと大阪府下の学校給食への綿実油の普及
連携したい業種、事業内容連携したい業種:飲食店、飲食料品小売業
連携したい事業内容:綿実油の販売
地域資源を生かした取組み大阪産(もん)食材とのコラボ商品の開発

※かしわらWEB版就職フェア(2016/1/12~1/22)は
終了いたしました。
岡村製油株式会社
  • 日本で唯一の綿実油を搾油している会社!
  • 明治25年創業で河内木綿の伝統を引き継いでいます!
  • 年に4回の即売会でチームワークを発揮!
  • 独自の共済会設置により慶弔・医療助成が充実!
  • 隔年の社員旅行の他、毎年種々の社内行事を定期開催!

募集要項

  • 募集人員 営業職1名
  •  
  • 職務内容 当社製造油脂関連製品の販売及び付随業務
  •  
  • 応募要件
    1. 35歳以下(大卒以上)※長期的なキャリア形成の為
    2. 自動車運転免許(普通車)
  •  
  • 希望人材
    1. 食品・農業に関心が強く、理系知識を持っている方
    2. 達成意欲旺盛で笑顔あふれる元気な方
  •  
  • 就業時間 9:00~17:30(休憩60分)
  •  
  • 勤務地 柏原市河原町4-5(本社)
  •  
  • 雇用形態 正社員(試用期間3ヶ月※給与はそのまま)
  •  
  • 給与 月給200,000円~250,000円、賞与・昇給有
  •  
  • 福利厚生 通勤手当、雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金、社員共済制度
  •  
  • 休日 年間休日110日(週休二日制)、夏季休暇5日、年末年始休暇5日

職場の風景


(岡村製油株式会社 上空より)

(岡村製油株式会社前 水車)

(岡村製油株式会社 内観)

(岡村製油株式会社内 原料サイロ)

わが社の社訓

社是
『信用 人の和 進歩』
を重んじて取り組んでおります。

我が社のエース商品

わが社の事業の源は「綿の実」です。綿毛は無煙火薬やクッション材になり、綿の実は殻と核に分離され、殻からはコットンハルというキノコ栽培の培地材料やD-キシロースという食品添加物が、核からは一番搾りの圧搾原油が得られます。また、綿実油粕は天然有機肥料として農作物を味よく、色よく豊かに実らせます。ひと粒の実から様々な製品が生み出され、今日まで綿の実とともに歩んでまいりました。近年では綿実油の他、柏原ぶどうと綿実油をコラボさせたぶどうドレッシングやごまドレッシング、さらにイチゴやラフランスのドレッシングなど、新商品を続々開発しています。
(綿の実から採れた綿実油)

(柏原ぶどうドレッシング)

(綿実油直売所「コットンハウス」)

(岡村製油株式会社の商品ラインナップ※いずれも綿実油使用商品)
求職者の皆さんの気になる情報を、社員さんから訊きだすコーナー!
今回の突撃インタビューに快く応じてくださった社員さんはこちら!
  • 名前:松井さん
  • 勤続年数:28年
  • 役職:油糧部長
  • 最近ゴルフ始めました。

1日のタイムスケジュール

松井さんの場合(状況によって変動あり)

それではさっそく聞いてみましょう!!!
Q1.入社前後の御社の印象について教えてください。
A1.当時は一般公募しておらず、大学時代に取り組んでいた事業の一環で大学から紹介を受けて入社したので、会社のことは知らなかったのですが、すごくアットホームに感じたのを覚えています。ちょうど工場の機械化を進めている最中で前後7年ほどは新卒採用がなかったので、先輩方に大変可愛がってもらいました。
Q2.お仕事の特徴についてお話ください。
A2.私の仕事は営業ですが、価格交渉をするような営業とは少し違って、値は多少張ってもそれに値する商品の魅力やこだわりがあることをいかに伝えられるかという点が特徴だと思います。綿実油粕なんかだと日本でここでしか作られていないオンリーワンの商品になるので、お客様にその良さを知ってもらうために創意工夫して伝えることが重要になってきます。
Q3.最も苦労する点はどういったところでしょうか。
A3.私の所属する油糧部では営業の他に原料調達も行うのですが、その調達量の調整が一番大変かなと思います。1つの綿の実からの副産物が多いことと、原料は輸入していますが、その栽培が天候に左右されやすいことから、生産に合わせた販売計画をきちんと立てた上で調達しないといけません。二次産業でありながら一次産業の影響をもろに受けるので、どちらの動向にも常に注視しながら計画を立てております。
Q4.お仕事を通して一番嬉しい瞬間を教えてください。
A4.3か月に1度会社内のスペースを使って綿実油などの即売会を行うのですが、お客様から直接ほめていただけるのが一番嬉しいですね。また、社員が一丸となって当日の準備や販売を行いますので、チームワークを感じられるという意味でも嬉しい機会です。
Q5.最後に求職者の皆さんへ一言お願いします。
A5.独自の商品を扱っているので、そういった営業に興味のある方にぜひ来てほしいです。一緒にオンリーワン商品を売ってみませんか?
今回は松井さんの他、総務担当大西さんと最近入社された三木さんにも
同席いただきました。皆さんありがとうございました!
  • 写真左:総務担当大西さん
  • 写真中:営業担当松井さん
  • 写真右:総務担当三木さん(新人)
取材後記(ヒアリング担当:産業振興課 舩冨)
平成28年4月で創業124年目を迎える、今フェア参加企業の中で最も歴史のある岡村製油さんに訪問してきました。訪問前は歴史の長い会社ということで固いイメージを抱いていましたが、福利厚生のイベントも多く、年4回の即売会でのエピソードなどを聴き、すごくアットホームな会社なんだなと感じました。新商品の開発や直売所の開設など、古い慣習に固執せず、若手社員の発想などを積極的に取り入れているところも非常に興味深かったです。築かれてきた歴史を大事にしつつ、オンリーワンの商品の魅力を引き出していける方にぜひ入社してほしいなと感じました。